<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母の恋愛指南 前編

c0103278_1144520.jpg


私の母は「昔はモテた」と言ってはばからないの。

本人及び父の弁から憶測する以外は
真相を突き止めることが出来無いわけで
娘としてはにこやかに「へぇー。」とか「ほぉー」とか言うしかないわね。

母親の大風呂敷はどのご家庭も多かれ少なかれ同じようなものかしら?
子どもの優しさで信じてあげることに致しましょうね。

そんな母からワタクシが恋愛指南を頂いたのは
中学一年生が最初だったと記憶しております。

父の転勤の為、終業式を最後に生まれ育った街を離れ
東京へ引っ越すことが決まっておりました。

今日でこの制服ともさようなら
友達一人ひとりにも手紙を書いたわ
最後の一日を大切にしなくちゃ。

気持ちを引き締めて玄関を出る私と姉に、母はこう言って送り出したのです。



「告白の一つもしていらっしゃい。」



…何の事でしょうか?

そんな言葉を掛けられると思ってもいなかった私は
ギョッとして足を止めて振り返ったのですが、当時から男の子に人気の有った姉は
「はぁ~い。」
なんて軽くいなして駆けて行き、母はにっこりと笑っておりました。

私はきっと、間抜け顔をしていたでしょうね。


今でこそ「粋なことを言うものだ」と思いますけれど、
当時の私は、朝からそんなことを言われたものだから
喉が渇いてうまく喋れなくなっちゃうし、
変にギクシャクとして大汗の一日を過ごしたのでした。


今でも自分から告白する勇気が私には有りませんの。
奥手で…
母はそんな私をお見通しの様子なのよ。
どうしてかしらね?

今でもあの日の母を思い出して一人密やかに含み笑いをすることがあるのよ。

あんな風に言ってみせる母も実は告白されるばかりで
自分から告白したことは無いって後で聞いたのだけれど
あの日は私の背中をチョッと押してみたんでしょうね。



高校一年生の時にもこんなことがありました。

当時高校三年生の姉が風邪を引いて寝込んでいて、
お付き合いしていた男子学生が家へお見舞いを届けに来て下さったの。

風邪薬がわりのレモンとマグカップに、お手紙が添えられていたようだったわ

ステキ…いいわねぇ…

恋愛を夢見る妹(ワタクシ)は玄関先でお見舞いを受け取る母の様子を影で見ていたの
帰っていく男子学生を見送ると、母は二階で寝ている姉の所へ真っ直ぐに行ったわ。
そして、二階から降りてくると私に昔話を始めたの

お母さんも昔は男性からプレゼントを貰ったものよ…っていうお話。

そうですか、ふむふむ。
それこそ子どもの優しさでもって傾聴していた私に、母は衝撃の一言を告げたのでした。



「ラブレターの一通も貰ったことのない女は女じゃない。」と。



冷や汗を掻きました。

貰えるまで私は女じゃないわけで…まさか貰ったことがないなんて
言い出せませんでした。


後日男性からお手紙を頂いた時、嬉しさよりもホッとしたのよ。
やっと胸を張れる気がしたものですから。


母の恋愛指南は唐突に、強烈な印象を持って私の心に刻まれて参りました。
他にも数々ありますのよ。
母は覚えているかしら?


32歳になっても独身の娘を、母は今どう思っているのでしょう…


娘息子三人が機関銃のように話す我が家にあって
のんびり屋で聞き上手の母。
言葉数の少ない一言には重みがあります。


ごく最近の恋愛指南もご紹介いたしましょうね、次回のブログで。




※写真はお正月実家に帰った時作った雪ウサギ
[PR]

by izubee | 2007-01-27 11:51

おしゃれの秘密

c0103278_20393159.jpg


東京は昨日初雪。

私はケーキを買いに行くところだったの。
白い小さな雪が舞う中、ケーキ屋に急ぐなんて、なんてロマンチックな響き!

ひと時自分に酔ったわ♪


それにしても 寒くなってまいりました。

朝着替える時に気合がいるわね、特に女性は。
だって、
上半身はランジェリーからつける必要がありますもの。


…中には上記に共感頂けない方もいらっしゃるようですけれども。

なぜってね。


以前、温泉の脱衣所でお見かけした方、
肌着の上から胸を・・・吊ってらっしゃいました。

びっくりしてワタクシ、凝視。


私も行く末は「肌着」を「肌」に昇格させちゃうのかしら?と思って。



私のこの衝撃を友達に話したの、そしたら

「つけないより いいじゃない?」

って。

そう?そうなの?



寒さ対策って気になるわね
女性なら、いくつであっても。

温泉にでも行かない限り、そういう立ち入ったところは秘密でしょう?


昨日、ホームパーティーにお呼ばれで、こんなことがあったのよ。

四歳の女の子が来ていてね、私のスカートに釘付けだったの。
プリーツを広げてみたりしてね。

そして彼女、屈託の無い調子でこう言ったのよ。


「スカートのしたは どうなってるの? ねぇ みせて」


   えっ?ここで?


「だいじょうぶ、だいじょうぶ、チョッとだけ。だって、なにきてるの?」


ですって。
そうよね、冬場にスカートだなんてね、寒いでしょう?

彼女、その前にちょっとトイレで失敗したものだから
スカートはさぞかし冷えるでしょうと思ったんじゃないかしら?


その後どうしたかは 私と彼女の秘密。


秘密を抱えて冬の街を闊歩するのよ、進め!女の子!



 ※写真は新年に実家へ帰ったときに作ったベイビー雪だるま
[PR]

by izubee | 2007-01-21 23:46

恋愛成就の神様


こうなったら神頼み


知り合いの方のお勧めで東京のホットスポットに言って参りました。

ご存知でしょうか?

       東京大神宮

最近テレビでも紹介されたらしく参拝には行列、大賑わいでございました。

c0103278_20472469.jpg


飯田橋と言う立地も有りましょうが、境内はそれほど広くなく
鳥居をくぐったら間もなく参拝。

あら あら、もう?
と慌ててお賽銭の用意をと小銭入れを開けると
そこには十円玉が ギッシリ


きっとただの洒落ですけれどもね

それ程気にすることも無いのでしょうけれどもね


  「十円は遠縁」 なんて言いませんこと?

大変っ!

こういう場合一円かしら…百円かしら…と悩みましたが
神様も時にはご要りようでしょうからと百円に致しました。
良かったかしら…?


参拝者の大半が女性でした。
中には素敵な男性とご一緒の方もいらっしゃいましたけれどもね
写真に写り込んだ時、無意識にその写真を削除いたしました。

まま、でもね、人と人との縁を結ぶ神様ってことですから。
仕事関係、友達、色々な人の縁を大事に だわ
カップルでの参拝だって少しもおかしくないのよ、
カップルの方は遠慮なくカップルで行って頂戴。

c0103278_2122529.jpg


参拝の後にお守りを購入

このお守りは真ん中で割れるようになっておりまして、
片方に自分の名前を記入して納めるんですの。
いずれ御炊き上げしてくださるんですって。

c0103278_21331978.jpg


神頼みは私だけじゃないのね、と安心する数の多さでしょう?
みんな頑張っているのね。


最後におみくじを引きました。

ガラガラッと振って しっかり念じて えいやっと!

気合が入りすぎて数の書かれた札を落としましたけれども ご愛嬌。

           「一番」

いい数でしょう? 予感が有りますでしょう?

 
そうです…

           「大吉」

やっほ~い!

c0103278_21454683.jpg


春は直ぐそこに違いないわ!と目を輝かせたのですが…
最後の「縁談」をよくご覧くださいませ。


  縁談 思うに任す
      高ぶりて破れる恐れがあります


…撤回します 「やっほ~い」 は。


でも、難しくありませんこと?
思いに任せながらも慎み深くってことでしょう?

気を引き締めて参りますわね、
今年こそ皆様に良いご報告が出来ますように
応援よろしくお願いいたします。



ところで、気づいたんですけれどもね。

年を越したということは

ワタクシ 既に 後厄です。
[PR]

by izubee | 2007-01-14 22:11

年賀状

c0103278_122944.jpg

あけましておめでとうございます。
今年も良い年にしましょうね。

ワタクシはパラオから無事に帰ってまいりました。

パラオはとってものどかで、海もすばらしく綺麗で
人は優しくて、素敵なところだったけれども…

これ以上滞在したら頭がふやけちゃうところだったわ
日本が大好きよ。


ところで皆様、今年の年賀状のデザインはどうなさいました?

メールにお株を奪われつつある年賀状ですが、ワタクシは毎年楽しみにしておりますの。
だって、人となりが表れて面白いでしょう?



今年の干支はいのしし。



悩みませんでした? 可愛いような… 可愛くないような…

ワタクシも始めはいのししをデザインしようと苦心したんですけれどもね
諦めました。

豚といのししの違いが表現できなくて。



そこで採用したのが写真にある 鯛 なんですけれどもね。



どうなの?



笹が大きすぎて、鯛が金魚みたいに見えないこと?

痛々しいわね。



これを送られた皆様、新年早々ごめんなさいませね。



今年も皆様にとって良い年でありますように。

そして、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by izubee | 2007-01-06 12:26