<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

北海道に行ってきました。

寒い冬は、寒い場所で味わうのが乙。


ということで、北海道に行って参りました。

あっぱれ 北海道。



めっちゃくちゃ 寒かったわよ。


着いたら札幌駅が氷点下8度

だのに、Tシャツにジャケット姿のお兄ちゃんだとか
ミニスカートのお姉ちゃんだとかに遭遇いたしました。

あっぱれ 道民。


姉が北海道にいるものですから、お邪魔したのよ。
お世話になりました。

姉の札幌ライフを覗いてみたい貴方、
ワタクシの姉妹ブログ「めぐの札幌ライフ」をチェック!

ワタクシ、今回は スノーボードもスキーも封印でしたの。
園長先生が

「今年はやめて頂戴、一人の体じゃないんだから…。」

って。とめるものだから。

一人担任ってただ、それだけの理由なんですけれどもね。

真面目なワタクシは、仰せの通りに見学いたしました。

だけどあなた、ご覧になって。
こんな素敵だったの。

白銀のゲレンデを滑ってみたかったわぁ…
c0103278_23412037.jpg



c0103278_23543244.jpg



ゴンドラに乗って山頂から帰ってくる証拠写真よ。
姪っ子と一緒に。
彼女、ホントはワタクシよりもスキーが上手なんですけれどもね。
ワタクシが滑らないものだから、ご一緒してくださったの、優しいでしょう?


今回、どうしても行きたかったのが
モエレ沼公園でしたの。
イサムノグチが設計した公園で、人口のお山があるのよ。

c0103278_23572580.jpg



ね、すごいでしょう?
一番手前の人影が甥っ子です。

「ボクの後、ついてくるのがいいと思うよ。」

と言い残して ずんずんお山に登っていきました。
彼は今年からスノーボードに挑戦。
今年始めたとは思えない上達ぶりで驚かされました。

リフトが無いから歩いて繰り返し山を登っていくの
その後姿の頼もしいこと…


雪が珍しくて仕方ないワタクシは、
甥っ子の呆れ顔を尻目に

みてみてぇ~!と

子ども用のソリに立ってスノーボード気分を味わってみたり
雪にお砂糖とお抹茶をかけて食べたり致しました。

c0103278_03577.jpg


楽しかった。

あぁ…今日からまたきりきり舞いで仕事します。
[PR]

by izubee | 2008-01-22 23:49

今年のテーマカラー

先週末は三連休でしたわね。
ワタクシは、気がついたら終わってました。
はやいわねぇ 休みって。

三日とも誰かとお約束が有ったものだから
飛ぶようだったわ…


予定の無いお休みには、断然掃除をしてすごします。


ワタクシ一人のお部屋ですからね、お掃除も簡単で楽しいの。
おまけに心もスッキリ片付いた気分でしょう?

仕事に煮詰まった時は
大抵引き出しを整理します。

彼氏がいたころ(そんな頃もあったのね)は
ケンカしたり、イライラしたりすると
直ぐにお台所で洗い物をしてたわ。

ワタクシにとってお掃除は
自分の気持を整理したり、落ち着かせたりする術なのね。


だって世の中腑に落ちないことが多いでしょう?
白黒付けたいことってモロモロありますでしょう?

せめて自分び部屋くらいはスッキリさせましょうって心境よ。


煮え切らない男子とか…

不本意にお礼を言わなきゃいけない時とか…

聞き逃せない同僚の一言とか…

でもね、そういうモロモロを
白でもなく、黒でもなく、灰色で収めなくちゃならないこともあるわね。

ワタクシの思う「大人」って
そのグレーを抱ける人なの。

ワタクシ、まだまだお勉強中。


難しいわねぇ~

煮え切らないことを許容するのって…

正さず往なすのって…

聞こえなかった振りって…


入り口真ん中で立ち話するおばちゃんに
「お邪魔ですよ。」
って声を掛けちゃうワタクシ。

道に迷ったお年寄りを追い出したおまわりさんに
「アナタのお仕事は何なんですの?」
って直談判に行っちゃうワタクシ。

そんな自分も嫌いじゃありません。

でも…



 短気は 損気と心得よ



今年のおみくじにもそう書いてありました。
グレーであれ、ワタクシ。




おみくじと言えば、今年のおみくじは

 
       半吉


…でございました。

半吉って、末吉の上?中吉の上?その間?
どの位地かしら?

その場に居合わせた父に聞きましたが


       無言


まぁいいわ、これもグレーで。


恋を呼ぶ桜ピンクは独身乙女のテーマカラー(誰が決めた?)ですが。

大人の色気を漂わせたい33歳ギリギリガールのテーマカラーはグレーです。

今年は二色で決まり。

     相性が良さそう?!
[PR]

by izubee | 2008-01-15 21:20

今年もよろしくおねがいします

皆々様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいいたします。
特に、30歳前後の独身男性がお知り合いにいらっしゃる貴方
はたまた、33歳の私でも許容という男性の皆様
今年こそ、切によろしくおねがいいたします。


皆々様は年末年始をいかがお過ごしだったかしら?
ワタクシは実家天国してまいりました。

唐突な質問ではございますが、
貴方が「大人になったなぁ」って感じる瞬間ってどんな時かしら?

ファストフード店で珈琲だけを注文して友達を待つ時だとか
携帯の着信に「おつかれさまです」って出た時だとか
家賃と敷金礼金合わせて50万円を手渡した瞬間だとか
私の人生33年間にもいくつかの大人体験がございました。


そして今回の帰省でもまた
大人を感じてまいりましたのよ。


同級生に道端でバッタリとお会いしたの

その前にピンクのコートを着た小さな女の子と
その家族らしき集団にすれ違っていたのね

『こういう可愛い子にこそピンクのコートは着せたいものだわね。』
なんて思っていたの

その後少し離れてやってきたカップルが

「もしかして…いずみちゃん?」(ワタクシの名前です)

と。ええ、そうですとも、はてアナタ方は?

ワタクシ不覚にも分りませんでしたの


素敵なカップルだったのよ
結婚している二人だからこそかもし出すその雰囲気
温かい家庭だからこその一体感
わかりますでしょう?有るわよねそういうの

ご主人のお顔をジックリ拝見して
呼び覚ました記憶…この風貌

「けんちゃん?!」

変わってないのに、分らなかった…

「そうそう!…だからこっちが。」
そう言われて初めて

「…ゆみちゃん?!」

ワタクシ、中学の時に父の転勤で東京に越してきたものですから
馴れ初めは存じませんけれども
風の噂では聞いていたのよ
お二人は同級生同士でご結婚されたの。

女ってあれね、お化粧のおかげもあるでしょうけれども
分らないわね。
もはや小さい頃の顔は思い出せないの。
綺麗になっちゃって。

   私も同じなのかしらん?

な~んて思いながらお話いたしました。


ゆみちゃんとの思い出はとっても小学生らしいもの

ゆみちゃんのお家にお邪魔しておやつを頂いた後
歯みがきをしたの、お塩で。

「唾液が出るし、いいんやよぉ~」

私にもお塩を勧め、慣れた手つきで
シャキシャキと塩磨きするゆみちゃん
その姿に圧倒されて言われるがままに塩を口に含んだ私

『塩辛いって…これか。』

お塩の効用だとかそういう前に
塩の塩たるを知り仰天した「お塩歯磨き初体験」でありました。

そんなゆみちゃんももう33歳
先にすれ違ったピンクのコートの女の子は
娘さんだったんですって。
二児の母とは思えないスタイルを保っていたわ。
昔から綺麗だったもんね…あ、思い出した。


   私の記憶の中のゆみちゃんは歯みがきしてるのよ。


今度帰省した時はきっと連絡するから、遊んでね。
東京に来ることがあったら連絡してね、案内するからね。
そう約束して分かれたの。

こうして同級生に会ってみると
自分が生きていくことが
誰かを勇気付けるのかもしれないってそう思ったわ

   大人になったんだな みんなも 

   …悪くないな。


仕事があるからと
冬休みをあと三日残して東京に引き上げてきたワタクシ

結局遊んでしまっているけれど
今日届いた父からの宅配便に背中を押されました

c0103278_15151260.jpg


お父さん、野菜をありがとう。
 
沢山食べて頑張る。


細木数子的には大殺界ど真ん中、最悪の運気を迎えた今年
運気は悪くとも、そこに学びがあるならばと
気持は前向きでございます。


今年も何とぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by izubee | 2008-01-06 15:15