<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ピープルツリーのバーゲン

自分の誕生日プレゼントを買いました。

c0103278_19473380.jpg


自由が丘にあるピープルツリーと言うお店で、タップリ三時間もかけて選び。



鞄と洋服合わせて7点!


買い過ぎ?


ちょっとそんな気もしますが、良いのです。


今回は通勤着及び、仕事服中心でした。
だから、ちょっと色がダーク系です。
いつもはもっとカラフルなものを購入します。

c0103278_19245537.jpg


フロントタックのワンピース オーガニックコットン

パープルと悩みましたが、今までに無い感じを選びました。

生産国 インド  生産団体 アシシ・ガーメンツ

¥6900 →¥5520

c0103278_19265822.jpg


襟がサテンになっています。サテンのベルと付きワンピース オーガニックコットン

生産国 インド  生産団体 アシシ・ガーメンツ

¥6900 →5520

c0103278_19284942.jpg


オーガニックコットンのTシャツが破格のお値段

生産国 インド  生産団体 アシシ・ガーメンツ

¥3900 →¥1500

c0103278_1930239.jpg


履き心地が素晴らしく良く、セール対象外でしたが購入♪

仕事で履きます。

生産国 バングラデシュ  生産団体 アーティザン・ハット

¥8900


c0103278_19492317.jpg


アローシルクの鞄、一目ぼれでした。

生産国 ネパール  生産団体 サナ・ハスタカラ

¥7200

c0103278_1934716.jpg


実は二個目

生産国 インド  生産団体 タラ プロジェクト

¥1500


その他にも、チューブトップを買いました。
既に持っていますが、ヘビーローテーションなので買い足し。

生産国 インド  生産団体 アシシ・ガーメンツ

¥3500 →¥2450




…なぜ、生産国と生産団体を書いているのかと

不思議に思われた方。


   めんどくさいですか?


えぇ、そういう意見もございましょう。



しかしながら、それこそが大切なのであります。

ピープルツリーは、フェアトレード商品を扱うお店なのです。



フェアトレードとは

 貧困の無い公平な社会を作るための、対話と透明性、互いの敬意に基づいた貿易の
 パートナーシップです。
 フェアトレードは、アジアやアフリカ、中南米などの農村地域や都市のスラムなどに暮らす
 人々に仕事の機会を提供することで、貧しい人々が自らの力で暮らしを向上させることを
 支援しています。
 世界70カ国350団体が加盟するIFAT(国際フェアトレード連盟)は公正な貿易の普及を
 目指し、フェアトレードの基準を定めています。
                           2008 FTリーフレットより



安い賃金で生産者を働かせ、会社が儲け、消費者が無駄な消費を繰り返す
今の貿易に異論を唱え、公正な貿易を実現しているのです。



ワタクシ、就職してから長らく

 「収入の1パーセントを募金に」

という生活を続けてまいりましたが、

海外青年協力隊に行った先輩の報告を見聞きし、

募金の行く先の国々の現状を見るにつれ、

『何かが間違っている。』

と思い続けていました。


日本が施す国でいいの?

施されることに慣れる人達を、見てみぬ振りをして良いの?



そんな時に、フェアトレードに出会いました。

始めは一杯のコーヒーから。

テレビでフェアトレードコーヒーを紹介していたのです。

「これだ!」と思いました。


フェアトレードを推奨し、フェアトレード商品(ビーズ)を生産する団体として

タラプロジェクトを知り、

その商品を日本で売るお店「ピープルツリー」に出会いました。

お店がたまたま家の近くにあったことも

私がお店に通い詰めるきっかけになりました。



「買い物で世界を変える」


というキャッチコピーをピープルツリーはカタログに載せています。

私の一つのお買い物は、

延いては世界を救うかもしれない!


毎日のお買い物に、夢があります。




ワタクシ、野菜も極力現地生産のものを購入、

それが無い場合は東京から一番近い生産地のものを購入します。

買い物もエコロジーでなくちゃぁ!


ピープルツリーはエコポリシーにも基づいて製品を製造しています。


 ・森を壊さない、木製品は廃材や成長の早い気を使う

 ・水を汚さない。塩素漂白を避け、別の方法を探す

 ・空気を汚寮を使わない
   ダイオキシンを出すプラスチックは少なく

 ・資源を無駄にしない。紙は再生紙か非木材繊維で

 ・農薬は科学肥料を使わない有機農法を応援する

 ・染料は発癌性物質を含まないアゾ・フリー染料で
  自然の減量を使った草木染を推進する。

 ・アクセサリーの金具にニッケルを使わない

                        ピープルツリー通販カタログより


私の着ている服は、ちょっと変わっています。

それがまた、私によく似合うと

周りの人は言ってくれます。


私の顔は、童顔で、アジアンなので、

少し民族衣装風の雰囲気がはまっているのだそうです。



…正直、自分じゃ全然分らないです。



わからな過ぎて、お店で見立ててもらわないと買えませんし、

上下のセットアップで購入することも多いです。


そんなファッションに迷える子羊を

ピープルツリーの店員さんたちは優しく救ってくれます。



ラブ☆ピープルツリーの店員さん♪


これからもよろしくお願いします。





今回のブログは史上最長になりました。


それだけ、気合の入った紹介です。

自由が丘近辺にお住まいの方、是非一度お店に足を運んでみてください。

あ、表参道にもお店があります。

サイトも、面白いですよ♪


http://www.peopletree.co.jp/

今オンラインでもセール中です!
[PR]

by izubee | 2009-07-30 18:15

サングラスケース

c0103278_20564398.jpg


サングラスケースを買いました!
お気に入りです。

鞄の色に有っていて、可愛いのです。

先日アレルギーで眼科に行き
紫外線を浴びないようにと注意されたので
最近欠かさず持ち歩いています。

ケースが可愛いと、サングラスを外している夜間も
鞄の中で邪魔に感じません♪
[PR]

by izubee | 2009-07-27 21:26

自称「草食系男子」

幹事になって合コンしました。

久しくこんな事無かったので、貴重です。

2対2の小さな飲み会、

よく食べ、よく話し、よく笑い。

楽しい飲み会でありました。

そうであれ「婚カツ世代合コン」



男子二人には、埼玉県出身、ダイバーという共通点がありました。

そしてもう一つ、

自分は草食系男子だといって憚らないと言う共通点もございました。




「私、新人類ですが、よろしくお願いします♪」

と言ってしまった当時の新入社員に抱くのと同じ感情が、フツフツと胸に…



その心をお察しになったのか?ますます力説される二人に、思わず

「草食男子は誉め言葉ですか?」

と聞いてしまった私です。



口が、止まらなくて。



それでもお二人は自称「草食系男子」であることを、

篤とお話になりました。

恋愛に疲れ、または恐れを抱き、趣味や料理、仕事に没頭しているのだと



それはそれだが


  草食男子だというカテゴリーになぜ自分を入れたがる?



益々、ワタクシの疑問はそこなのでありました。


「自分は独りではないと思いたい」のか?

「社会的に需要があると思いたい」のか?

はたまた、思わせたい のか?

一つの自己弁護か?かくかくしかじか…と思いながら聞きました。



友よ! 

貴方が草食であろうが無かろうが、

どうでも良いのです。




昨日の色々なお話の中で、私は


沖縄で必ずお泊りになるという

独りには広すぎるペンションの一室の話は

寂寥感タップリで他人事とは思えず聞き入りましたし


転勤命令に震えるサラリーマンの心情もリアルで面白かったです。


お蕎麦を茹でてお弁当にするという殊勝な行いも

女子二人の母性本能をくすぐりました。


そんなお話をして共に笑った時間が貴重でしたし、収穫でありました。



さて、私の話は彼らにとって収穫であったか?

う~む。  悪かった。




まぁ、いい。


これがスタートですから。

次回は 東京湾浴衣クルージングです!

一度知り合えばもうお友達!

そんな私を、どうか「肉食系女子」と言わずに相手にして欲しい。





気がつけば12時、慌てて精算して解散致しました。

ごちそうさまでした。




以前、読んだ記事に

モテない女の行動というのがありまして

「終電を気にする女」

とありました。




ダッシュで帰りましたけど… なにか?
[PR]

by izubee | 2009-07-26 09:44

東京で日食を見ました

テレビで見ただけですが、皆既日食凄かったですね。

私は東京にいて、仕事中だったのですが。

園長先生が

「みえてるわよ!」

と教えてくださって、子ども達と一緒に見ました。

肉眼で!


曇ってたのでちょうど、雲の向こうに見える格好で

見えたんです。

三日月みたいでした。


「お月様みたいだねぇ。」

と子ども達、

「こわい」

と言う子もいました。

「お日さま、ひっくり返っちゃったんだね…。」

確かにそんな感じ。

子どもの感性って素晴らしいですね。


おやつに丸いクラッカーが出たのですが、

かじってから

「今日のお日さまみたいになった。」

と三日月形のクラッカーを眺めていました。


子どもと行くディズニーランドは面白いと聞きます。

大人とは違う見目線で楽しめるから、と。

何となくその気持が分る気がします。


子ども達と一緒に日食が見られて良かったです。
[PR]

by izubee | 2009-07-22 22:42

お誕生日 ありがとうございます

35歳になりました。

ありがとうございます。

ここまでよく生きてこられた!

私、25才位で死ぬと思ってたんです。

「早死にで晩婚だ」と姓名判断で言われたことがあるものですから。


一度ならまぁそんなに気にもしなかったと思うんですが、

二度言われましてね。


半ば今でも信じています。


でも、晩婚って事は…結婚はするってことでしょう?

その後に死ぬんですよね。

やだぁ~♪ まだ当分生きられそぉ~う ルン♪




どこまでも前向きです。




今年の誕生日もいろんな方にメールやお電話を頂き、

友達に当日お祝いしてもらって

感謝、感謝の雨あられでございました。



c0103278_19113143.jpg


サプライズでこんなケーキが!

ありがとう。

嬉しすぎて泣きそうになりました。


c0103278_19122557.jpg


香港に住む姉からも、姪っ子の手紙と一緒に
誕生日プレゼントが届きました。

私は無類の日常雑貨好き、外国製品は特に面白くて大好き!
そんな私のツボをしっかり抑えて送ってくれました。

水で洗うだけで綺麗になるクロス、香港のおやつ、などなど

ポストイットに姉の手書きの解説付きで。
忙しいのに、ありがとう。

なかなか受け取れずに、不在通知が入っていたんですが、

差出人が

  「ホンコン様」

でした。

ホンコン様に面識は…無いですが?

ちょっと笑えました。


c0103278_19185127.jpg


両親からはスイカとお野菜が届きました。
無農薬野菜なので嬉しいです!

写真が暗くて見難いですが、割れずにちゃんと届きました。
ありがとう。

c0103278_20251775.jpg


子ども達からもラブレターを頂きました。
ありがとう。

「せんせい、好きな色は何色?」

「好きな食べ物は さくらんぼと、納豆だよね。」

だから、さくらんぼの下にモリモリの納豆を描いてくれているのねぇ。
優しいなぁ~ うれしいなぁ~

35歳はアラサーですか?アラフォーですか?

そんなことを考えていましたが、どうでも良いことでありました。

ここまで生きてこられたことに改めて感謝です。


これからもよろしくお願いします!
[PR]

by izubee | 2009-07-18 19:23

亀の産卵

c0103278_20225733.jpg


クラスで飼っている亀が卵を産みました!

朝、拭き掃除をしていてびっくり!

卵が三つも



平均4~6個産むそうなので、少ない方なんですが。

それにしてもあんな小さな身体に三つも卵を宿していたなんて。


ここ2週間位ぜんぜん食欲が無くて心配していたんです。

園長先生が

「もしやご懐妊かもしれないね…。」

と言っていたので、予期しないでもなかったのですが。


いやびっくり。

別の飼育ケースに土を入れて埋めました。



がんばれ~ 亀の子!!



お父さんは、水槽の中で一緒に飼っている、

この亀の兄弟です。



近親相姦…?!

大丈夫かしらぁ…



子ども達はそんな私の心のザワつきをよそに、ワクワク!興味津々です。


「四歳なのに、どうして赤ちゃんが産めるの?」

 ほんとうだねぇ~ 四歳でもう、大人なんだネェ

「赤ちゃんが産まれたら、兄弟?」

 いや、子どもだから お母さんかな

「パパ、いないねぇ。」

 あ、いや その横に。 ピース君(オス)がお父さんだよ。

「ピース君の方が小さいのに お父さんなの?」

 そうなんだねぇ、メスのほうが大きいんだね。
 (なかなか信じてもらえず、いつも同じ質問)
 
「たあちゃん(メス)明日も産むかな?」

 産まないんじゃないかな

「たあちゃん おめでとう。」

「赤ちゃんはどこにいるの?」

 卵の中にいるんだよ、出てくるのが楽しみだね。

「出てきたら女の子?男の子?」

 さぁ どっちだろうね

「名前考えようね。」

 そうだね、良い名前にしようね。

「いつ生まれるの?」

 本によると、涼しくなってかららしいよ。

「ふぅん… 卵みえないなぁ ガンガン。」

 わわわ!割れる

「あは。」


とまぁ、楽しんでおります。


上手な孵化のさせ方をご存知の方教えてください。
[PR]

by izubee | 2009-07-13 20:27

選挙に行こうよ。

都議会議員選挙です。

都民の皆さん、行きました?


私、20歳になってから15年。

一度も選挙を逃したことありません。

必ず行ってます。


初めての投票は、海外旅行に行くため、不在者投票でした。

母と役所に行き、狭い部屋で投票しました。

思ったよりも不在者投票をする人が回りにいっぱいいて賑やかだった。



『これでオフィシャルに大人だぁ~。』

とワクワクしたのを覚えています。



日本の投票率って低すぎませんか?

私の友達でも、行かない人が多いです。

訳を聞くと

「誰に入れても変わらない気がするから。」

という。


確かに、私も入れてて

「この人に入れたところで 私が変えて欲しいところは

 変わらない気がする。」

と思っている。


が、しかし。


 変わらない気がする。とは

 変えてみようとしてから言ってくれ。



みんな、選挙に行こう!
[PR]

by izubee | 2009-07-12 18:32

怒り癖

c0103278_001547.jpg

どんな時に怒りますか?


不愉快なことをされた時、見たとき、

理不尽な行動を見たとき、された時、

道理に合わないことを誰かがした時、された時、

誰かの行為や考えが許せない時、


色々あります。

そしてまた、心配な時も、怒ってしまったりします。




今日、街ですれ違った親子

あの母親はきっとそれです。


一人で、怒ってたんです。

凄い形相で自転車にまたがって、

時々後ろを振り返っては少し漕いで、また止まって振り返って。

滑稽でした。

あの人独りで怒ってるわ…と思って見てました。




暫く母親の後ろには誰もいませんでしたが、

やがてやって来ました。



大きめのヘルメットをかぶった少年が。

母親そっくりの恐ろしい形相で

坂道を自転車にまたがってフラフラと上がってきました。




彼がやっと母親にあと5メートルの所まで近づくと

母の怒りは爆発しました。


「また手放ししてるよ

 なんで、手を離すの?

 両手放してるわよ。

 いい加減にしなさい… ガミ ガミ ガミ。」




よくある光景です。

心配だから怒っちゃう。


でも…なんだか 変!






手放ししたのは自信があるからで、

転んで痛いのは少年ですし、

坂道を登るのは大変なんですから、

そこは怒るところじゃぁ無くてむしろ

「よく頑張った」

だったのではないかと。

少年の危機管理をするのなら

並走、もしくは少し後ろを走るべきではと。

思うのです。



その親子の行動の前後を知りませんから、

もしや母の怒りは別のところにあったかもしれませんが。

手放しをしたからと 怒るのは変です。

しかも人前です。





心配してもらうって、幸せなことですから

『かあちゃん、また怒ってら』

とあの少年はさほど大事に思っていないかも知れません。

心配されることも愛の一部と

彼は母の思いをしっかりキャッチできていたかもしれない…

でもあの顔を見る限り、あの少年もまた怒っていました。

怒る母を怒っているのか、

思うように追いつけない自分に怒っているのか。



親子って、そんなもの。




そうでしょうか?

その怒り癖、辞めちゃいませんか?



小声で

「さっきから手放ししてるみたいだけど、車道を走ってる時は

 お母さんあんたが転ぶんじゃないかって心配。
 
 だから辞めてくれない?」

 

とかね、どうですか?







あの子、お母さんと上手くいってんのかなぁ…

あのお母さん、怖かったぁ…

怒らなくてもいいよなぁ…




そんな事を思いながら歩いていた私、

ショーウインドウを見てびっくり!

親子を心配する私の眉間にガッチリとシワがっ!!




うっかりしてました。

保育士姉さんの悪い癖です。

見ず知らずの親子を心配して、シワを作っている場合じゃありません。


私も怒り癖、辞めなくっちゃぁ。

はい。
[PR]

by izubee | 2009-07-11 23:05

見えててごめんなさい。

新人の頃、フレアのキュロットスカートを履いていて、

「パンツの見えそうな先生。」

と子どもに言われていたことがある ワタクシですが、

今日は、ガッチリ見せちゃいました。




いやね、マットで前転のお手本を見せたんです。

くるりと軽やかに回りまして、

「じゃん!とこのように、最後は手を使わないで起き上がりましょうね。」

と立ち上がると。



あれ?なんだか子どもの目線が…低い。



「どうした? 先生の見ててくれた?」

と子ども達に問いかけましたら


「だって、せんせー パンツ見えてる。」って。

子ども達、自分のズボン上げてるんです。



背中から、覗いたんですね。

これはまた 失礼を致しました…。





気をつけないといけませんね。

35歳にもなって、見えててごめんなさい。



一度見えてしまうと、子ども達は気になるらしく、

食事中に腰がコソコソすると思ったら

後ろの座席の子が、うっすら覗く私のパンツを人差し指で指摘してました。

その後も何度もチェックするんです。


やだん。 厳しい。



「わかった、もう このズボン履くのやめるね。」

そう言いましたら、子ども達が慌てまして。



「ダメだよ!そしたら パンツ丸見えだよ。」



って コラコラ。



もちろん履きますよ、他のズボンをね。




気をつけます。

もう、お目にかけません。
[PR]

by izubee | 2009-07-09 21:45

アートセラピー

c0103278_21582141.jpg


アートセラピーの授業で「いのち」という題目で作った 私のクレイ作品です。

アートセラピーは、絵を描いたり、クレイで作品を作ったりする過程の中で
自己自信を取り戻したり、自己再生能力を引き出して心を癒していくものなので
この作品に 良いか悪いかという 評価は一切下りません。

その なんでもありなところが 実習していてもとっても楽しいです。




加えて、今回のクレイでの授業は目からウロコなことがありました。

この作品、最初はこんな作品ではなかったんです。

ある程度出来上がったところで先生が

「はい、作品を右隣の人に回して。」

と言って、私の作品は持って行かれ、

お隣の方の作品が私の目の前にやって来ました。


暫く無言で眺めていると 


「はい、もう一つお隣に回して」と。


また別の方の作品を目の前にして、暫し眺めました。




同じ命という題目でも、色々違うなぁ

な~んて思っていると。





「はい、ではその作品に手を加えてください。」

と!




えっ? えぇ?? 手を加えるのぉ?

いいのぉ?  いいのぉ?



戸惑いました。



保育士の私、子どもの作品に手を加えることはタブーですから

なんだか抵抗があります。

これは、セラピーであって、お隣の方も私と対等の立場だから…

と心に言い聞かせて抵抗を押しやり、手を加えました。

自分の作品に手を加えられるのは なんとも思いませんが、

人の作品にお邪魔するのは、ちょっと 考えちゃいました。


でも、「手を加える」という視点からじ~っと 他の方の作品を見ていると

加えてみたいものが見えてくるものなんですね。



そして、手を加えるのが終わると


「はい、一つ戻して」

暫し 鑑賞。

はぁ~ん そうやって手を加えたかぁ と他の人の視点から見ると
また別の物に見えていたことが分ります。

「はい、もう一つ 戻して」

手を加えられた自分の作品が戻ってきました。

その時の ちょっとした感動、目からウロコの瞬間でした。


全体にバランスが取れ、作品に力が湧いたように感じました。




「また、手を加えたいところがあればどうぞ。」と、先生が。


バランスが取れて良くなって帰ってきた作品でしたが、

不思議とまた新たなアイディアが浮かんできました。


たのしぃ~!




他の人の考えを受け入れてみて、初めて見える世界って 日常にもあります。

それを具現化したように思いました。


心の癒しを目的にしたアートセラピーですが

ちょっとした気づきも与えてくれます。


癒す前に、整理整頓も必要ってこと かな?
[PR]

by izubee | 2009-07-08 22:24